脱毛クリニックの脇脱毛は痛いって本当か?

脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛について一度は調べたことがある方は、施術時の痛みがつらいという話を聞いたことがあると思います。中には、痛みが強すぎて途中で辞めてしまったという人もいるようです。では、実際脱毛クリニックで脇脱毛を行う場合どれくらい痛みを感じるのでしょうか。

脱毛クリニックでの脱毛はやはり痛い

脱毛クリニックでの医療脱毛は脱毛エステサロンでの脱毛や自己処理に比べると、確かに痛みは強いです。クリニックで使われる脱毛器は、強力なパワーのレーザー照射によって毛を根元から破壊しますので、効果が高い分刺激を感じやすいのです。また、個人差はあると思いますが脇のように毛が太くなりがちなうえ皮膚がデリケートな部分の脱毛はかなり強い痛みを感じる人が多いようです。

しかし、機種の新しい脱毛器の中には比較的痛みを軽減できるものもあります。痛いのが苦手という方は最新の機種を使用した痛みの少ない脱毛器を導入しているクリニックで脱毛することをおすすめします。

施術中の痛みをスタッフが緩和してくれる

施術中の痛みが耐えられない場合、多くのクリニックではスタッフがレーザーの強さを弱めてくたり、レーザーの当て方を変えてくれたりします。また、脱毛機器には冷却装置が付いているので、痛みをできるだけ緩和することができます。

スタッフも医療レーザー脱毛の痛みが強いと理解している分、できるだけお客様が痛みを感じないように工夫していますし、積極的にコミュニケーションを取ってくれます。痛いのが苦手な場合はあらかじめスタッフに伝えておきましょう。

不安が大きければテスト照射も可能

多くの脱毛クリニックのホームページでは、医療脱毛の痛みを「ゴムではじいたような痛み」と表現していますが、実際にレーザー照射してもらわないとどれほど痛いのか分かりません。医療脱毛の契約をしてしまっても、いざ脇脱毛の施術してみると痛すぎて耐えられないということでしたらもったいないです。

そういった場合は、クリニックによってはカウンセリングの際に腕などに無料でテスト照射してもらうこともできます。脱毛機器によって痛みも異なりますので、複数のクリニックで脇脱毛のカウンセリングを受け、自分が耐えられそうな脱毛機器を扱っている脱毛クリニックを選択するのも手だと思います。

気になる脱毛クリニックでカウンセリングを

確かに医療脱毛は痛いですが、痛みを緩和してもらったり痛みの少ない脱毛機器で脱毛してもらったりすることで、なるべく痛みを感じずに済みます。まずはクリニックで医師からカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。